あら鷲便りロゴ

2019年2月9日
ブログ写真
最低気温が昨日より低い(2月9日)

昨日は寒い1日でしたが、今日は朝の時間帯はもっと気温が下がりました。
10時頃になってくると気温もだんだん上がりひどい寒さは感じられなくなりました。
35年以上この網走で暮らしてきて、氷点下19度近くまで下がったのは記憶にありません。
阿寒や陸別では氷点下30度を超えた模様です。
写真の寒暖計は朝の7時頃の撮影。

2019年2月8日
ブログ写真
記録的な寒さ(2月8日)

北海道の上空を覆う寒気団で道内は記録的な寒さ。最高気温も上がらず、
網走では昼前後になっても-10度を下回り寒い1日でした。
写真の寒暖計はAM8時頃に撮影。
現在流氷は宿から見える範囲で、海の7割り方覆われています。

2019年1月30日
ブログ写真
宿前から暁の流氷原(1月30日)
ブログ写真
能取岬にて(1月30日)
ブログ写真
浜にて(1月30日)

今朝からよく晴れていて、知床連山がはっきりと見え美しい朝焼けでした。
まだ氷瀑ツアーの準備ができていないため、浜に行きがてら
能取岬にも立ち寄ってきました。
北西方面はかなり海が開いていて、網走湾の鍋底にあたる部分は流氷でびっしりと埋め尽くされていました。
ところでツアーの場所の浜では、浅瀬のため接岸していない部分があり、
もう少し完全な接岸には待たれるところです。
あと少しでツアーの準備も完了します。

2019年1月29日
ブログ写真
流氷接岸【宿の高台から撮影】(1月29日)
ブログ写真
流氷接岸【宿前から撮影】(1月29日)

朝から北の風が強く吹いていましたが、昼まで雪。
9時くらいから少しずつ雪も小やみになり、海の状態が見えてきました。
流氷は時間を追うごとに広がりを見せ、宿から見える範囲では海の面積の70%を埋め尽くしていました。
今日は浜に降りていませんが、この状況では確実に接岸しています。
平年に比べて早いように思われます。
明日は氷瀑の準備に浜に行くのが楽しみです。

2019年1月27日
ブログ写真
流氷から離れた氷片が岸に接岸(1月27日)

今日も氷瀑ツアーの準備に出かけました。
浜に降りてみると流氷が間近に迫っていて、
流氷帯から離れた氷片が岸に接岸していました。

小清水の海岸から止別方面にかけては接岸している模様です。
明日は弱い南風の予報ですので、やや岸から遠ざかるものの、
明後日にはまた冬型の気圧配置に戻るので、数日中には氷瀑ツアーの海岸にも接岸しそうです。

2019年1月24日
ブログ写真
この写真は午前の除雪。午後から猛吹雪に!(1月24日)

夜中に20㎝ほど降り積もった雪は、今冬網走地方では最も多い降雪でした。
除雪の回数も少なく、楽な冬を迎えていました。
しかし今日は全道各地で暴風雪警報が発令され、午後には網走地方も猛吹雪に。
こんな天気になるのは道東地方では滅多にないのですが、今日は鉄道の運休が発生しています。
ホワイトアウトまでにはなっていませんが、こんな日は家に引きこもっているに限ります。

2019年1月21日
ブログ写真
浜では氷泥が発達していました(1月21日)

氷瀑ツアーの準備に行ってきました。
流氷はまだ見られませんが、浜では氷泥が形成されていました。
1月に入って真冬日が続く毎日ですので、これから北寄りの風が多く吹く事を期待しています。
氷瀑の発達具合は平年並みです。

2019年1月13日
ブログ写真
あら鷲から流氷初日(1月13日)

今日の午前中は朝から雪がちらつく天気模様でしたが、
午後になって晴れ間が覗いてきました。
海を見るとなんと流氷が流れてきているではありませんか。
こんなに早くから流氷が見られるのは近年珍しい現象です。
今年の流氷に期待したいと思います。
たぶん気象台でも今日流氷初日が発表されると思います。

2019年1月2日
ブログ写真
宿からの初日の出(1月2日)

新年あけましておめでとうございます。
元日の初日の出は雲に遮られてはっきりしませんでしたが、2日は綺麗な日の出がみられました。
穏やかなお正月を迎えています。
ほぼ平年並みの寒さで、これから月末にかけて流氷の季節がやって来ますが、
今年も流氷が見られることを期待しています。
今年もよろしくお願いいたします。